ネットショップでのご購入でプレゼントキャンペーン中!

 

カホンキット、販売台数350台突破キャンペーン

(正確にはもうちょっと多いです)

 

インターネットECサイト BASEさんでカホンキットをお買い求めいただいたお客様を対象に

アンケートにお答えいただくともれなく国産杉のシェイカーキットをプレゼントさせていただくキャンペーンを行っております!

 

もうすでに、かなりの数のご回答を頂いておりまして、

嬉しいご意見、改善すべき点に関するご意見など様々な声を頂いております。

10/25に【あいはらの木です】シェイカープレゼントとアンケートのお願いです。

というメールを送信させていただいていますので、是非確認をしていただければと思います。

 

キャンペーン自体は29年12月末日までとさせていただいております。

ご了承くださいませ。

 

 

あいはらの木 カホンキットはコチラからご購入いただけます!

 

頂いた写真はコチラです!

 

 

あいはらの木 カホンキットはコチラからご購入いただけます!


カテゴリー: あいはらの木, カホン | コメントする

一日で木材業界を知れるイベント 青年社員講習会

 

10/18は青年社員講習会でした。

 

青年社員講習会は東京木材問屋協同組合さんが主催となって開催されているイベントで、

一日バスで新木場周辺を見学し、川上から川下まで木の流通を知ることができます。

私の所属する東京木材青年クラブが当日の進行を担当しています。

 

開講式の様子  去年から司会役をやらせてもらっています。

 

梶本銘木店さん  珍しい銘木の数々を見る事が出来ます。

 

細田木材工業さん  不燃木材の工場、塗装、加工などの設備の見学をします。

 

東京木材埠頭さんは国際指定港に指定されているため、写真が撮れません。

凄まじい広さの土地に、凄まじい量の外材を置いています。

 

東京中央木材市場さん  木材の「セリ」の見学と、材料の使用用途の説明を受けます。

 

三幸林産さん 加工場と最新の低温乾燥機の見学ができます。

 

木材・合板博物館  安藤館長から木に関する講義を受け、ベニヤレースの見学をします。

 

 

閉校式の後の懇親会  

この業界は、横のつながりを作るのが難しいので是非参加していただきたいですね。

 

 

業界内の方をメインとして毎年10月に開催されるこの青年社員講習会ですが、

一日でこれだけの見学が出来るイベントはなかなか無いと思います。

 

業界の方には是非参加していただきたいです。

(一般の方で木を勉強されたいかたも参加できるようです)

 

ちなみに申し込みはFAXにて受け付けております。

詳しくは下記URLをチェックしてみてください!

http://www.mokuzai-tonya.jp/index.html


カテゴリー: 新木場, 業界について考えた事 | コメントする

KUBBジャパンオープン2017に参加しました!!!

 

11/4に昭和記念公園で開催された

KUBBジャパンオープン2017に参加しました!

 

今年は30チーム以上の参加があり、参加人数は増加し続けています!

 

今年は私も、念願かなってチームで出場することが出来ました!

チーム名は「キングトラップ2017」来年は2018になりますね。

クッブ協会事務局の高橋さんに名付けていただきました。

まだまだ人数が少ないので現在、チームに入ってくれる方を募集しています!

男女年齢経験不問ですが、都内で行われるクッブの大会(4月と10~11月の年2回)に

参加可能な方、何か月かに一回、江東区付近で練習が出来る方限定です。

今なら美女が二人チームメイトにいますよ!

 

 

ご連絡はコメントいただければと思います!

 

 

参加された皆様、大変お疲れ様でした。

また来年もよろしくお願いいたします。

 

あいはらの木では、国産材を使ったKUBBセットを販売しております。

なんと、公式のKUBBセットの半額以下で購入できます!

もちろん、サイズは全て公式と同じ カストピンナは公式のゴムの木に重さが近いタモの木を採用しておりますので、大会出場時の感覚のずれも最小限でいけるのも強みです。

「公式は高い!」「サブでもう1セット欲しい」、「練習用に使いたい!」

そんなあなたにピッタリです!

コチラからご購入いただけます!是非チェックしてみて下さい!

 

 

もっともっと広がれ、KUBBの輪!!


カテゴリー: あいはらの木, クッブ(KUBB), 日常 | 2件のコメント

11/5 第10回カホン作りワークショップも無事に終了いたしました!

 

第10回目となるカホン作りワークショップも無事に終了いたしました!

 

今回は、集合写真を撮り忘れてしまいました・・・

 

皆さん、思い思いのカホンが出来上がったと思います!

長時間のワークショップではありますが、少人数ゆえに進行自体はユルイ感じなので

工作が苦手な方でもお気軽にご参加いただきたいです!

 

ご参加いただいた皆様、レーザー加工をいただいた榎戸社長

本当にありがとうございました!!!

 

 

次回、第11回カホン作りワークショップは3月か4月を予定しています!!

 


カテゴリー: あいはらの木, カホン, ワークショップ(木工教室), 新木場 | コメントする

日刊木材新聞さんと渋谷ヒカリエのSHIBUYA WANDERING CRAFT 2017 ECO レポートページに紹介されました!

 

 

 

本日付けの日刊木材新聞さんに掲載されました!!

 

 

SHIBUYA WANDERING CRAFT 2017 ECO

のページに掲載されました!!!

 

期間中、遊びに来ていただいた方と

手伝っていただいた方、

出展のきっかけを頂いた皆様に感謝感謝です。

http://www.hikarie8.com/wandering-craft2017/report/8/

 

 

 

記事を書いていただいた、鈴木さん本当にありがとうございます(^◇^)

 

 

事業の規模は小さくとも、大きな楽しみを提供し続けていけるようこれからも頑張ります!!


カテゴリー: あいはらの木, カホン, クッブ(KUBB), ワークショップ(木工教室), 日常, 材木, 材木についての考えた事, 業界について考えた事, 燻製 | コメントする

第10回 カホン作りワークショップのお知らせ!!

お陰様で残席 2 となりました! 

満席になり次第キャンセル待ちとなります。ご了承くださいませ!

 

誰でも簡単!手ぶらでOK!

あなただけのオリジナルカホンが作れる

第10回カホン作りワークショップのお知らせです!!

お申し込みはコチラからどうぞ!

 

日時 11/5(日) 13:00 ~ 17:00 予定 

 

定員 6台分 ※2人で1台の作成でも大丈夫です

開催場所 株式会社 榎戸材木店さん

       東京都江東区新木場3-6-6

前回のワークショップの様子

  

「手作りで楽器を作ってみたい!」

「カホンを自作しようと考えているんだけど、失敗したくない!」

「市販のカホンに自分好みの物が見つからない・・・」

そんなあなたにオススメのカホン作りワークショップです。

前回のワークショップの様子はコチラです

簡単な木工工作を含めて

あなた好みの高品質な材料を使ったカホンが約4時間ほどで完成します。

出来上がるカホンの寸法は 

高さ45センチ 幅30センチ 奥行き約30センチ

カホンとしては標準的なサイズです。

 

響き弦の種類は

・スナッピータイプ ロック・ポップス向き

 お好みに合わせて響き弦の取り外しが可能なタイプです。

・ワイヤータイプ アコースティック向き

 お好みに合わせてワイヤーのテンションが変えられるタイプです。

以上の2種類からお選びいただけます。

他のカホンワークショップやカホンキットとの違いは

「素材」「あなたらしさ」です。

素材

4万円の市販カホンと同じ素材「シナ共芯合板」を使用しています。

ホームセンターの材料で自作される方が使用するシナ合板は芯材が「ラワン」です。

シナ共芯合板は芯材まで全てがシナなのでラワン芯の合板には出せない

独特な低音を出す事が出来ます。

あなたらしさ

カホンの作成は設計図をもとにノコギリ・キリ・カンナ・ヤスリ等を使い

楽しく簡単な木工工作をしていただきます。

「もうちょっとバズ音が欲しい」

「もう少し低音が抜けるような音が欲しい」

「打面をちょっとだけ浮かせたい」 等

カホンの高さ・打面の種類・響き弦の種類と調整・サウンドホールの位置と大きさ等を

自分で決める事で、あなたの好みに合わせたカホンを作る事が出来ます。

今回は打面を7種類からお選びいただけます。

シナ共芯3㎜・3㎜突板化粧合板(ブビンガ・ゼブラウッド・チーク・バーチ・杉・ヒノキ)

実際に叩いていただいて決めていただきますが、

響き弦と打面の違いによる音の比較はコチラです。

開催させていただく榎戸材木店さんのご協力により

打面にレーザー加工でオリジナルの
ロゴ焼印を付ける事が出来ます!!

 

その為、今回のカホンワークショップも

先着限定6台とさせて頂きます。

作成後は叩き方教室も開催予定です。

(休憩時間にはカホン燻製器でその場で作る燻製もご用意予定です)

お申し込みはコチラからどうぞ!

 

 

ご参加いただいたお客様のFBページのご紹介です。

参加してみたいけど、実際どんな感じなのか知りたい!
という方は是非ご覧になってみてください!

コチラをクリック!!

https://www.facebook.com/hiroshi.hosokawa.98/posts/1166694890101482

https://www.facebook.com/ngihm/posts/857489571068466

https://www.facebook.com/ryoko820/posts/1414300431982983

https://www.facebook.com/ryoko820/posts/1414300431982983

コチラもです!


カテゴリー: あいはらの木, カホン, ワークショップ(木工教室) | コメントする

新木場UMIDOKOプロジェクト本格始動 

 

10/8 十と八で木の日 

 

新木場の貯木場の水面を活かすプロジェクト

新木場UMIDOKOプロジェクトが本格始動しました。

私もその運営の一人です。

 

 

今までは、新木場に感謝の意味を込めてボートで水面のごみを拾ったりしていましたが、

「新木場に木のある風景を取り戻そう」と木が浮かなくなった貯木場に新しい木のある風景を取り戻す活動が進んできました。

 

 

【新木場海床プロジェクト】
新木場地区は木材の一大流通基地を目的として埋め立てが開始され、運用されてきました。

当時は丸太が貯木場に浮き、材木商や製材所も盛んに活動していました。

その景色は2001環境省「かおり風景100選」に選ばれるほど。

しかし昨今では、建築仕様の移り変わりに伴う材木の需要減少・流通の変化により、貯木場から丸太の姿は消え、新木場の材木商、製材所の数も減少しています。

このまま時代の流れに押され、歴史・文脈の有る新木場の風景を損なうことの無いよう「木の街・新木場」を再定義、再び活気のある風景にするために本企画を行います。

新木場「UMIDOKO」は貯木場を利用し、木質のフローティングハウスを中心とした新たな新木場のまちづくり、ひとづくり、ものづくり、魅力づくりの「物語をつくるプロジェクト」です。

林産地域の地域活性も視野に入れ、日本各地の木材を使用したフローティングハウスを建築家、デザイナー、アーティストと造ります。

さらに各地の木の香りを楽しむ燻製器や木製楽器等、新たな魅力的な木の名産品を造ります。

そして、江東区、地元のご家族や若年層の方々に喜んでいただけるだけでなく、木について知り、その良さを理解して生活に取り入れることのできる人間を育む教育活動「木育」を盛り込み「木の街・新木場」を日本や世界の方にアピールしながら環境先進都市東京の創造に貢献する未来の新木場を造りたいと思います。

UMIDOKOフェイスブックページより引用

 

 

今回は、UMIDOKO木の日 というプログラムで

木とアートを掛け合わせたイベントを新木場で行います。

 

オープニングイベントは10/8の木の日 

場所は新木場にある榎戸材木店さん

13:00開場で、チェーンソーアートや燻製試食会、神楽や薩摩琵琶、茶会などのイベントを行うこととなりました。

イベントの詳細はコチラです。 ←クリック

 

また、アートの展示は15日まで行っております。

 

水上での呈茶会は予約制です!こちらから予約ができますので是非お願いします。

予約したい!!!!←クリック

 

UMIDOKOプロジェクトのフェイスブックページはコチラです。

是非いいね!をお願いいたします!!


カテゴリー: あいはらの木, 新木場, 日常, 材木についての考えた事 | コメントする

10/14 松屋銀座さんでミニカホンづくりのワークショップを行います。

 

10/14 松屋銀座さんでミニカホンづくりのワークショップを行うこととなりました。

 

 

作って楽しい、叩いて楽しい「ミニカホン」づくり

カホン(cajon)は南米ペルー発祥の打楽器です。見た目は木の箱ですが、中に響き弦が入っているのが特徴です。叩く位置を変えることで様々な音が出て、使っても楽しい楽器です。事前に材料をカットしていますので、失敗なくオリジナルの音を作り出せます。自作のカホンを作って、楽しんでみませんか。

会期: 10月14日(土)
時間: 13:00-14:30/15:30-17:00
場所: 8階MGテラス ※雨天中止
参加費:1000円
講師: 土橋善裕氏(あいはらの木)
対象: 3才以上のお子様とその保護者さま2人1組
定員: 各回先着10組 ※事前予約制
申し込み・お問い合わせ:
9月27日(水)10:00受付開始 フリーダイヤル 電話0120(566)210 
〈受付時間〉10:00-20:00
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

20170926_1900-miyazaki01.jpg

 

注意事項
※開始5分前までに8階MGテラスにて受付をお済ませください。
※小学生以下のお客様は保護者同伴でのご参加をお願いいたします。
※お席があいていれば当日でもご案内できます。
※汚れても構わない服装でご参加ください。
 

 

使うカホンキットは国産材を使ったミニカホンキットです。

サイズは高さ22センチ 幅14センチ 奥行15センチのミニサイズです。

松屋さんで開催させていただくにあたって

通常3700円→1000円とさせていただいております。

1日のみ2回開催で、各回共に限定10台となります。

 

 

お申し込みはコチラからお願いいたします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
9月27日(水)10:00受付開始 フリーダイヤル 電話0120(566)210 
〈受付時間〉10:00-20:00
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

 

 

 

また、10/8と10/15はミニシェイカーづくりのワークショップも行っております。

こちらは予約なしの先着順です。ぜひお越しくださいませ!

色んな音を作ってみよう!「ミニシェイカー(マラカス)」づくり

6枚の国産スギの小さな板でミニシェイカー(マラカス)を作ります。中に入れるお豆やお米などによって音が変わります。使う工具は木工用ボンドだけなので小さなお子様も組み立てられます。でき上がったシェイカーにマジックで色を付けてみたり、はんだごてで焼き印加工をしてみたり、楽しさいっぱいです。

会期: 10月8日(日)、15日(日)
時間: 各日13:00-13:30/13:30-14:00/15:30-16:00
場所: 8階MGテラス ※雨天中止

参加費:500円
対象: 3才以上のお子様とその保護者さま2人1組
定員: 各回先着16組 ※当日先着順

 

 

詳細はコチラのURLからどうぞ

http://www.matsuya.com/m_ginza/newinfo/babieskids/2017/09/20170926_190900.html

 


カテゴリー: あいはらの木, カホン, ワークショップ(木工教室), 日常 | コメントする

トイレトレーニングにピッタリの物を作ってみました。

 

私の長女のトイレトレーニングの為にこんなものを作ってみました。

余っていたメルクシパインの集成材の端材を加工しました。

 

きっかけは2つあって、

一つ目が、オムツ外れによる呼び出し。

子どもは不思議なもので、一度トイレで出すことを覚えるとオムツでするのをイヤがるんです。

そうなってくると、トイレのたびに便器に乗せるために呼び出される事に・・・

オムツが外れて欲しくて仕方なかったのに、オムツ変えてたほうが楽だった気すらしてきます。

 

そして、もう一つが うんち です。

子供用便座を大人用の便座の上にはめて用をたたせているのですが、

足が地面に着かないためうまく踏ん張ることが出来ず、なかなかうまく出せません。

 

そんなこんなで設置してみるとこんな感じになります。

 

手作り工房 かくれんぼ さんの楽天サイトにあった寸法を参考に作ってみました。

https://item.rakuten.co.jp/kakurenbo/t_step

 

結果、自分で登って登って用を足せるようになりました。

うんちも踏ん張って上手に出せるようになりました。

これを作った事もあってか、娘のオムツは外れました。

大人にはちょっと邪魔な感じですが、慣れればなんてことないです。

 

 

こんな記事を書いていてなんなんですが、これを作って売る気はありません!

 

使用用途さえ満たせば造り自体は単純なので、
私のような木を扱う業界にいる人なら余り材を使って自分で作ってもいいかと思いますが、
そうでない方は 手作り工房 かくれんぼさんで買っていただくのをオススメします!

(クオリティも高く、自分で作ると思うと値段もだいぶ安いです)

ちなみに、私も材料の端材が無かったらきっとこの製品を買ってました。


カテゴリー: あいはらの木, 日常 | コメントする

9/7は問屋組合結成55周年の記念市でした。

 

3月 6月 9月の記念市は3大記念市と呼ばれ

東京木材市場内では 大きな記念市 として位置づけられています。

 

9/7は問屋組合結成55周年の記念市でした。

 

式典の様子

 

梱包セリの様子

 

 

今回、いつもの記念市と違っていた点は

鳥居さんが居た事と、ピーコがあったことです。

鳥居さんとは、先日の渋谷ヒカリエでの展示会 
シブヤ ワンダリングクラフトのエコアドベンチャー展で知り合いました。

私は一週間出展のブース、鳥居さんはお隣の部屋で 
とりい・とりまく とり展を一ヶ月開催しておりました。(イカしたTシャツ売ってました!)

鳥居さんは奈良県の川上村に移住され林業を超絶発信しており、
丸太に抱き着く写真を見た瞬間から「いつか会いたいな~」と思っていた
我々の業界の新聞に載るほどの有名人。

丸太を一本買いする女子という時点で凄まじいインパクトです。 

本当に凄くエネルギッシュな方で、お話ししているだけで一気にポジティブな方向に引っ張られていきます。

近い未来、こんなプラスのエネルギーを持った方が中心になって
この業界を明るい、そして楽しい方向へ向けていってくれるんだろうなと感じました。

私も精一杯、自分に出来る事で後押ししていきたいです。

 

ピーコに群がる買方さんたち、説明に忙しい鳥居さんの写真
木に群がるなんて珍しい光景です。

 

今回の記念市では、鳥居さんのお話をいっぱい聞くことができたおかげでかなりの元気を頂けました!!本当に来ていただいてありがとうの気持ちでいっぱいです。
もう とりいのトリコです!

 

ピーコはもうしばらく東京木材市場にありますので、東京木材市場まで来ていただいた方にはご案内をさせていただきます!木を取り巻く素敵な活動がもっと広がってほしいです。

ちなみに来客数は昨年を下回っていました・・・ (+_+)


カテゴリー: あいはらの木, 新木場, 日常, 材木, 材木についての考えた事, 東京木材市場, 業界について考えた事 | コメントする