東京木材市場内浜問屋 新木場相原のブログです

株式会社TSCさんのショールームのVR動画を作成しました。

11/9 11/10に新宿駅西口広場イベントコーナーにて多摩産材魅力発見!フェアが開催されました。

今回はそのイベントに合わせて株式会社TSCさんのショールーム 木更津 『家具の森』の紹介VR動画を作成させていただきました。

 

使用したカメラはギャラクシーのGear 360です。

使用した再生機材はサムスンのギャラクシーS7edge+Gear  VRのセットです。

 

去年の多摩産材活用フェア、モクコレでもお世話になったププルさんからレンタルさせていただきました。

 

イベントでもご来場いただいた方に見ていただけたようです。(2日目は残念ながら機材トラブルの為見ることができなかったようです)

当日の私は昨日の記事の別イベントに参加していたため機材トラブルに対応しきれませんでした。

 

ショールームのVR動画はコチラです。

YouTubeに上げさせていただいた動画はコチラです。画質を設定で良くしてもらうと結構鮮明に見えるはずです。VRのセットをお持ちの方は右下の眼鏡っぽいマークからVRもお楽しみいただけます。

 

AVIUTLで編集した動画がギャラクシーS7で読み込めないとき

ココからは私が動画を作成した過程でおこった備忘録です。ので未来の自分の為に書いておきます。(今後VRの動画編集をする機会があるかどうかはわかりませんが)

ギャラクシーS7edgeで作成した動画をメモリに入れても認識されない場合は、読み込めるVR動画のスクリーンサイズを超えている可能性が高いです。

Gear360で取れる360度の静止画データのスクリーンサイズが5792×2896になるのですが、このままのサイズで動画の編集をしてデータを作ったとしてもギャラクシーS7edgeで動画データとして読み込まれないのです。

動画のアイコンに!マークがついて「コーデックに対応していません」と出て再生できません。

「コーデック!?ちゃんとmp4(H264)で作ってるじゃねぇかよ!!」と思いながらも、AVIやら何やら様々な動画形式で保存しては試しを繰り返しましたが……全然ダメでした。

与えられた時間は撮影と編集を含めて2日しかなかったのでかなり焦りましたよ。翌日の港区のイベントの準備もありましたしね。

 

動画のスクリーンサイズは4096×2048で!

画質を落としたり、つんでれんこで動画サイズを落としたりしても全然読み込まず途方に暮れていました。

前のモクコレの動画はちゃんと読み込むのにな~」と思いモクコレで使った動画の詳細を確認したら…

スクリーンサイズが4096×2048でした。

 

「もしやコレか!?」と思い、ショールームの動画のスクリーンサイズを落として再エンコード!

結果、見事にギャラクシーS7edgeに読み込んでもらえました。

 

結論 スクリーンサイズを落とすことで解決したよ

最初は、できるだけ画質を落としたくない一心で撮影したそのままのスクリーンサイズで編集を頑張りましたが、結果的に言えばどうやっても認識してもらえませんでした…

原因はスクリーンサイズが大きすぎたことだと思われます。

もしあなたがAVIUTLを使ってVRの動画編集をし、GearVRを使おうとお考えであれば、スクリーンサイズを4096×2048にして編集してみてくださいね!


スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)