株式会社 キーテックさんを見学させていただきました。

2/4(土)

東京木材青年クラブの勉強会で

株式会社キーテックの木更津工場の見学へ行ってきました。

 

 

キーテックさんはLVLが主力製品となっています。

 

 

LVLとは単板積層材 ( LVL:Laminated Veneer Lumber )の事で

木材の単板を繊維方向を揃えて積層、接着した木質軸材料です。

キーテックさんのウェブサイトでの詳しい説明はコチラ

 

 

そんなLVLが出来るまでの過程を工場内を回りながら学ばせていただきました。

普通ではなかなか見る事の出来ない貴重な体験でした。

 

 

木の使い方というか、使い道というか

現状の山の木をどうやって活かしていくかという点から考えると

LVLは今の時代に適した使い道だと思いました。

 

B材C材のようなものでも同じように扱えるどころか、

無垢材より強度をより増して使う事ができる事が特徴です。

これを梁として利用することでとても大きな空間も作れたりします。

 

普段、取り扱う事のない材料なので

聞いたことはあってもピンと来なかったLVLですが、

様々な説明を聞いたり、間近に見られたことで

木の可能性の広がりを改めて感じました。


カテゴリー: 材木についての考えた事, 業界について考えた事, 考察 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)