様々なアイデアがガンガン出てくる「新木場を面白がる会」

 

12/20に新木場に新しくできたおしゃれスポットCASICAで行われた

「新木場を面白がる会」に参加しました。

主催はオモシロガリスト(〇〇を面白がる会主催)の唐品 知浩さんです。

今回は新木場がテーマでした。

 

瀧口木材の瀧口宇一郎さんのトークから

新木場に人を呼ぶアイデアを出しながらお酒を飲むというとても楽しいイベントでした。

素晴らしいアイデアがガンガン出てきました。

 

私的には、「新木場の水 全部抜く」やってほしいです。

結構なお宝の木が沈んでいる可能性もあるかもしれませんよ!

 

 

この会には「出たアイデアは誰が実現してもよい」というルールがありまして、

これだけでれば、だれか何かを始めそうな予感を感じました!

 

この面白がる会のルールにある

人の意見を否定しない

このおかげでどんどんアイデアが出てくるんだと思います。

特に、木材関係でない人も多かったのでそんなアイデアも出てくるんですね。

 

ここらへんで出来ない理由ばかりの業界から脱する必要があります。

できるわけない → どうやったらできるんだろうか?ですよ!


カテゴリー: 新木場, 日常, 材木についての考えた事, 業界について考えた事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)