一日で木材業界を知れるイベント 青年社員講習会

 

10/18は青年社員講習会でした。

 

青年社員講習会は東京木材問屋協同組合さんが主催となって開催されているイベントで、

一日バスで新木場周辺を見学し、川上から川下まで木の流通を知ることができます。

私の所属する東京木材青年クラブが当日の進行を担当しています。

 

開講式の様子  去年から司会役をやらせてもらっています。

 

梶本銘木店さん  珍しい銘木の数々を見る事が出来ます。

 

細田木材工業さん  不燃木材の工場、塗装、加工などの設備の見学をします。

 

東京木材埠頭さんは国際指定港に指定されているため、写真が撮れません。

凄まじい広さの土地に、凄まじい量の外材を置いています。

 

東京中央木材市場さん  木材の「セリ」の見学と、材料の使用用途の説明を受けます。

 

三幸林産さん 加工場と最新の低温乾燥機の見学ができます。

 

木材・合板博物館  安藤館長から木に関する講義を受け、ベニヤレースの見学をします。

 

 

閉校式の後の懇親会  

この業界は、横のつながりを作るのが難しいので是非参加していただきたいですね。

 

 

業界内の方をメインとして毎年10月に開催されるこの青年社員講習会ですが、

一日でこれだけの見学が出来るイベントはなかなか無いと思います。

 

業界の方には是非参加していただきたいです。

(一般の方で木を勉強されたいかたも参加できるようです)

 

ちなみに申し込みはFAXにて受け付けております。

詳しくは下記URLをチェックしてみてください!

http://www.mokuzai-tonya.jp/index.html


カテゴリー: 新木場, 業界について考えた事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)